会社に行きたくないから昇給を狙う

会社に行きたくない、モチベーションが上がらない、という時、その原因が待遇にある、ということはよくある話です。待遇が大きく改善されれば、会社に行きたくないという気持ちもなくなるかもしれません。ならいっそ、待遇改善を狙ってみたらどうでしょうか? よく「転職したら給料が大幅アップした!」という求人広告を見ますが、交渉すれば給料が上がる、というのは転職の際だけではなく、自社にいても同じことです。やはりいて欲しい人材、長く会社に貢献して欲しい人材には、渋々でもなんでも、会社はお金を支払ってれるものです。特に固定昇給制度ではない企業の場合、「交渉しなければ給料は据え置きに近いが、言えば大幅にアップする」ということは、実際日常的になってきています。というのは、もし、高いポテンシャルを持っている人材が離脱した場合、同じだけのポテンシャルを持っている人材を加入させるには、とてつもない金額と手間、時間がかかるうえ、それも確実ではないためです。なので、会社に行きたくないほど待遇に不満があるのなら、給料改定の席で、大きな金額を切り出してみてはどうでしょうか。上がらなければ辞める、という言い方も諸刃の剣ではあるものの、効果的です。

会社に行きたくないを転職の動機にしない

いくら会社に行きたくないといっても、仕事をしなければ生活はできません。つまり、会社に行きたくない場合、それを突き詰めて考えると、転職をすることになる可能性が高まっていきます。もちろん、転職というのは悪い選択肢ではありませんし、よりよい結果が待っていることも往往にしてあります。とはいえ、「会社に行きたくない」は、そのままでは転職の理由にはできません。はっきり言ってネガティブ過ぎて、採用してくれる会社は存在しないでしょう。そんなことはわかっている、という声が上がりそうですが、会社に行きたくない理由も当人にとってはたいがいとても重要なことなので、面接などでは、ついつい言いたくなってしまうのです。また、それ以外に言うことがない、というケースもあります。真剣に転職したいという気持ちはあっても、理由が整理されていないというケースです。しかし、会社に行きたくないのは何故か、を真剣に考えていくと、この理由は整理できるようになるはずです。例えば、上司が叱責するから会社に行きたくない。では叱責する理由はというとノルマが達成できないから。ではどういう仕事ならノルマが達成できるのか? それがしたい仕事になる、だから御社を受けた、という整理です。

 

万が一女性から中絶費用の慰謝料を請求されている場合は仕事を辞めるわけにはいかないかもしれませんね。

 

中絶費用と慰謝料請求
http://xn--fiq336ghrf0oq.com/

 

中絶費用と実際に慰謝料請求をされるのかどうかについては、調べておく必要があるでしょう。